第89回精神文化講演会のご案内

 NPO法人わたつみ友の会では、来る平成26年4月20日(日)に、第89回精神文化講演会の開催に向けて準備を進めて参りましたが、このほど講師の先生と演題が決まりましたのでご案内申し上げます。今回は日本人が元気と活力を取り戻して、本来の日本人に立ち返ることを祈念し、一人の臨床医が生と死の狭間での体験から、人の生きる真の意味を問い直すと共に、世界の中の日本の国柄、文化の価値とその役割をも提示する講演プログラムを用意しておりますので、多くの方々のご来聴を心からお待ち申し上げております。

  第89回精神文化講演会講師決定 !!             

 講演と音楽の集い  !!

 私達日本人は、古来より全ての事物に魂が宿るとし、顕幽を統合し、敬神崇祖の思想を持ち、「神と自然と人間の調和」を具現して来た稀有な民族です。しかしながら、現代は急速な科学技術の発展により、物質的には極めて豊かになった一方で、人々の心には将来に対する漠然とした不安や、焦燥感が漂い、人間関係に於いても利害が錯綜し信頼感が失われています。その原因の一つには、科学万能主義や経済至上主義が徹底した現実の社会の在り方と、日本人本来の生き方、生命の欲求とに乖離()(かいり)が生じている事に在ると思われます。

 そこで本講演では、救急医療の現場で、生と死の狭間で人間を見つめ、生命の不思議を体験した事実から、人間の本質と、それを在らしめる世界について深い思索をなされ、従来の人間の生き方の根本的変革を強く提言されておられる矢作直樹先生をお迎えして、合理性では到達し得ない生命の神秘と、顕幽を貫く人の一生、日本並びに日本文化の精神の中心に在る皇室についてお話を戴きます。

 講演の後は、第2回フレッシュ・コンサートを行います。桐朋学園大学音楽学部の学生諸君の協力を得て、若さ溢れる溌剌としたクラシック音楽の演奏から、弦楽合奏の美しい旋律と音色をお楽しみください。

 この講演会が皆様にとって、人の生きる真の意味を問い直すと共に、日本の素晴らしさ、日本人として生きることの有り難さを感じて戴き、明日からの日常生活への活力となる事を切に希望いたします。

 

  演題 :「天皇の国−日本の国柄を考える−」

 講師 :東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授

      医学部付属病院救急部・集中治療部部長

        矢作 直樹 先生

 演奏 : ☆☆☆ フレッシュ・コンサート ☆☆☆

      桐朋学園大学音楽学部有志による演奏(演奏プログラムは当日発表)

 

 <日時>平成26年4月20日(日) 午後1時〜4時30分まで(12時30分開場)

 <会場>日本都市センター6階601大会議室   電話 03 (3265) 8211

     東京都千代田区平河町2−4−1(地下鉄麹町・永田町・赤坂見附下車)

 <聴講料>  @1,000円 (チケットのお求めは下記にご連絡願います。)

  <お問合せ> 電話 0294 (21) 7070 (日立)  03 (3833) 9230(東京)

          E-Mail: watatsumi@net1.jway.ne.jp

          URL:http://www.watatsumitomonokai.org/ ,http//www.nmpo-watatsumi.jp/

▲このページのトップに戻る