伝統的日本の心に立ち返り真の人間性の回復をめざして ― 特定非営利活動法人わたつみ友の会

「神と自然と人間の調和」を培ってきた伝統的日本の心に、真の幸福を齎す心のあり方、生活のあり方が在り、その実践を通して、その思想と生活原理の普及のための社会教育啓発活動を行っております。

■  私たちが目指していること 

  医学博士 鴨志田恒世先生は、現代人の直面する問題や苦悩の本質を追究し、その根底にある真実を探り出すことによって、失われた人間性の恢復を目指し、新しい人間像を浮き彫りにすることによって、生命至上主義の思想を高らかに掲げ、これによって、現代社会に失われている価値観の根底に迫り、暗黒な精神病の時代に生きる現代人の心に、生きる喜びと希望の灯を点し、病める精神を再生命化して、平和な福祉社会を実現するために生涯を捧げられました。

  本法人はこの遺志を受け継ぎ、医学博士鴨志田恒世先生の思想、考え方及び生活の在り方を学び、これを基に、一般社会人並びに青少年に対し精神教育を普及し、合わせて社会教育ならびに生涯教育を助成し、優れた人材の育成を図り、以って、社会の福祉と発展に寄与することを目的としています。

  更なる社会活動を通じて、多くの人々が日本人として、心からの喜びを持って、充実した日常生活が送れる様な真の福祉社会の建設に向けて、関連団体とも協力して邁進して行きます。

幸福(しあわせ)は感謝の心から始まる !!

■  私たちの生活実践綱領 

  「人間の一生をより充実したものにするには、天意に副った生活を送り、永遠の生命に連なる魂の進歩向上を目指すことこそ肝要であり、それが人生の最大の目標である」との趣旨により、下記の人生の「実践目標」を遂行しております。

   DH000003.jpg

NPO法人わたつみ友の会の主な活動

■精神文化講演会…… 社会教育文化啓発活動の推進

  医学博士鴨志田恒世先生による通算66回に亘る「人間のこころ」の演題を中心にした精神文化講演会の実績を基に、各界の著名な先生方にもご講演を頂いております。

  NO.6.jpg    

    「第78回:田久保忠衛先生」                        「第84回:橋本五郎先生」  

                  精神文化講演会の模様(東京日本都市センター)

■音楽会…… 社会情操教育の推進と場の提供

  「芸術の本質は限りなく人の心を浄化する」を起点にして、本会では社会情操教育を積極的に推進し、次代を担う若い人へ音楽の場の提供を行っております。

DH000014.jpg  P1010252REV.JPG

    中丸三千純\プラノ・リサイタル                    桐朋学園大学音楽部(弦楽八重奏)  

   (H18.12/15:日立シビックセンタ)                 フレッシュ・コンサート(H24.4/15:東京日本都市センタ)

■売店運営……倫理的、道徳的消費への誘い

  収益事業の柱として年4回のチャリティバザールを厚生部売店にて開催し、また、売店は毎週水曜日、土曜日に開店し、市民の皆様との触れ合い交流の充実を図っております。

P1000827R.JPG P1000839.JPG

■顕彰活動……鴨志田恒世先生の業績を社会に公開し、永く顕彰する

  医学博士 鴨志田恒世先生の生涯に亘る業績を広く社会に公開し、永く顕彰すると同時に、先生が示された全く新しい哲学的人間観、思想、生活原理を研究し、社会教育、生涯学習に関する広報、啓発活動を行っております。

P1010348RR.JPG  P1010403R.JPG

             詳細は「鴨志田恒世 顕彰記念館」をご覧願います。

■広報活動……社会教育、生涯学習に関する広報、啓発、機関紙・書籍の発行

  医学博士 鴨志田恒世先生の遺されたご著書を新装版として再出版し、伝統的日本の心に関心を持ち、人生を真実に生きようとする人々に販売いたしております。

  「“愛”の創造」は日本図書館協会の選定図書(社会科学分野)です。さらに、「鴨志田恒世先生全著作集(全8集+補集+補巻)」は人生を真に自由で豊かなものに導く愛の書です。Amazonネットでも詳細ご覧いただけます。

勇気と元気の出る言葉のご案内 

  人生や人間関係に疲れた時、生きる指針が欲しい時、そのような時には、医学博士・鴨志田恒世先生が残された著作『愛の創造−希望の精神革命をめざして』他をお読みください。

  『愛』や『感謝』『ありがとう』の気持ちに満ち溢れた先生の名言は、必ずあなたの心の救いとなるでしょう。

NPO法人 わたつみ友の会 概要

運営法人名 NPO法人 わたつみ友の会
所在地 〒317-0071  茨城県日立市鹿島町 1−1−15
電話 0294-21-1408
FAX 0294-21-1241
E−Mail watatsumi@net1.jway.ne.jp
代表者 伊東 將
設立 昭和43年6月(NPO法人認証:平成17年3月)

沿革 

 

 NPO法人わたつみ友の会は、昭和43年6月に茨城県日立市に誕生した社会教育団体「わたつみ友の会」を母体として誕生しました。

 わたつみ友の会は、発足以来、会長に医学博士鴨志田恒世先生を推戴申し上げて「深く自然を愛し 生命の尊厳と永遠性を讃え、大わたつみ(大海原)の如く豊かにたくましく 愛と真実を以て家庭の調和を具現し、会員各位の協力と提携により、日本並びに世界の平和と福祉に寄与し 以て人類の画期的進運に貢献する」 との目的を掲げて、全国社会教育振興協議会の一員として、精神文化講演会、音楽会、出版事業、バザールの開催等を通じて、活発な社会啓発活動を展開して参りました。

 そこで、伝統的日本の心の真の価値を再認識し、精神文化の向上を図り、さらに日常生活に密着した日本人の心のあり方、行動を実践し、社会化し、精神のより深いところから本来の日本人に立ち返ろうとする運動をより公益性を以て展開して、所期の目的を達成するため、さらに幅広く、地域社会と共に歩んで行きたいと切望し、平成17年3月に特定非営利活動法人の認証を得て再出発致しました。

 日本人として伝統的日本の心を愛し、人生を真剣に、真実に生きようとする多くの方々のご支援、ご協力を切にお願い申し上げる次第です。

 

 

 

 

 

主な業務内容                                             

 特定非営利活動に係る事業 

@ 社会教育文化啓発活動のための講演会の開催

A 社会教育連合会等の団体活動およびNPO活動への参加

B 社会情操教育のための音楽会の開催

C 鴨志田恒世先生の業績を社会に公開し、永く顕彰するための活動

D 社会教育、生涯学習に関する広報、教育啓発

E 機関紙「わたつみ」、書籍等の発行

F 社会に有用な人材の育成のための、公共の育英資金等への援助

G 公的機関に対する福祉、災害等への経済的支援

 その他の事業 

@ 福利厚生のための売店の運営

A バザール等の開催 

 

 

会員募集

入会に関するご案内

入会は随時受け付けておりますので、奮ってご応募願います。

会員の資格としては定款に定めることとし、正会員、準会員、賛助会員に分け、総会において決議し、別に定める入会金、会費を納入しなければならないと規定しています。

また、会員は次の条件を備えなければなりません。

(1)会員は会の目的遂行のために、自己研鑽に務め、奉仕の精神に則り、自ら   率先して行動がとれる個人であること。

(2)正会員は本会の趣旨に賛同し、自己研鑽に務め、会の目的に添う行動の出来る個人または団体であること。

(3)準会員は15歳以下で正会員または賛助会員の推薦を受けたもので、正会員の指導のもと、会の規則に従って行動できること。

(4)賛助会員は本会の趣旨に賛同し、本会の目的遂行に協力出来る個人または団体で有らねばならない。と規定しています。

(5)入会金は10.000円を下限として上限を定めないこととし、会費は正会員:1.000円、準会員:500円、賛助会員:1.000円となっております。

尚、詳細については、本会事務局までご連絡くださるようお願い致します。  

わたつみ友の会の沿革

  NPO法人わたつみ友の会は、昭和43年6月に茨城県日立市に誕生した社会教育団体「わたつみ友の会」を母体として誕生しました。

  わたつみ友の会は、発足以来、会長に医学博士鴨志田恒世先生を推戴し、「深く自然を愛し 生命の尊厳と永遠性を讃え 大わたつみ(大海原)の如く豊かにたくましく 愛と真実を以て家庭の調和を具現し 会員各位の協力と提携により 日本並びに世界の平和と福祉に寄与し 以て人類の画期的進運に貢献する」 との目的を掲げて、全国社会教育振興協議会の一員として、精神文化講演会、音楽会、出版事業、バザールの開催等を通じて、活発な社会教育啓発活動を展開して参りました。

  そこで、伝統的日本の心の真の価値を再認識し、精神文化の向上を図り、さらに日常生活に密着した日本人の心のあり方、行動を実践し、社会化し、精神のより深いところから本来の日本人に立ち返ろうとする運動をより公益性を以て展開して、所期の目的を達成するため、さらに幅広く、地域社会と共に歩んで行きたいと切望し、平成17年3月に特定非営利活動法人の認証を得て再出発致しました。

  日本人として伝統的日本の心を愛し、人生を真剣に、真実に生きようとする多くの方々のご支援、ご協力を切にお願い申し上げる次第です。 

活動開始の時期 

昭和43(1968)年 6月  茨城県日立市において開始

活動開始の経緯 

 

 ◎昭和43年6月26日

社会教育関係の任意団体として、「わたつみ友の会」を設立。
会長に医学博士鴨志田恒世先生を推戴。

 ◎ 〜平成17年

社会教育活動、文化啓蒙活動を継続して実施。
「講演会」「機関紙発行」「音楽会」「チャリティバザール」等

    □ 講演会

S43.8/12の第1回精神文化講演会から、H23.4/17までに通算86回実施。
この間に、本会会長の鴨志田恒世先生には通算63回に亘る「人間のこころ」のご講演を頂きました。更に、ノーベル賞受賞者の湯川秀樹、佐藤栄作、朝永辰一郎、福井謙一の各先生、その他数多くの各界の著名な先生方にもご講演を頂いて来ております。この他に、精神文化講座を、会長鴨志田先生を講師として、より日常生活に密着しながら具体的に質疑応答を通じて、20年に亘って、日立で「因果律と意志の自由」「恋愛と結婚について」と題して229回、東京では「人間の心」と題して176回を開催、多くの聴講者に大きな感銘を与えました。誠に残念なことでしたが、昭和62年9月先生の急逝によって中断となりました。

    □ 機関紙

機関紙「わたつみ」を発行  機関紙1号(S43.8)〜166号(H23.9)
本会会長の鴨志田恒世先生の論文、講演会の抄録、会の活動状況、会員の意見、感想などを随時掲載しております。 

    □ 音楽会

世界並びに国内の著名なオーケストラを招聘し、特別コンサートを40回主催。

     □ バザール

日立、東京において適時開催している。

  ◎平成11年5〜12月

特定非営利活動法人に向けての研究会開催

  ◎平成16年5月

特定非営利活動法人設立準備会開催

  ◎平成16年11月

「特定非営利活動法人わたつみ友の会」設立申請

  ◎法人認証年月日

平成17(2005)年2月22日

  ◎法人設立登記

平成17(2005)年3月03日

主たる活動分野

伝統的日本の心を深く理解し、それに基づいた社会教育の推進を図る活動

 

最近開催した「精神文化講演会」の実績

講師のプロフィール

講師の先生

演  題

2012

拓殖大学国際学部教授

呉 善花

 日本の受身力―日本の再生を信じて―

2011

理学博士埼玉医科大学教授

和合治久

音楽療法で健康生活を送る

お茶の水女子大学名誉教授

土屋賢二

不幸になる考え方

2010

法学博士京都産業大学教授

所 功

日本文化の再発見―神宮式年遷宮の叡智―

理学博士甲南大学特別客員教授

佐藤文隆

アインシュタインの蹉跌‐自然・理・誠‐

2009

読売新聞特別編集委員

橋本五郎

これでいいのか日本人 !!

日本大学大学院教授

小坂国継

東洋的な生き方―現代の不安をどう乗り越えるか―

2008

国学院大学教授古宮神社宮司

茂木貞純

大和言葉に生きる日本の心

桐朋学園大学特任教授・ソプラノ歌手

中丸三千繪

オペラ人生で学んだ 「諦めぬ」 ということ

2007

拓殖大学大学院教授海外事情研究所所長

森本 敏

日本の防衛を考える

京都大学名誉教授秩父神社宮司

薗田 稔

日本人の生命観と現代

2006

人間総合科学大学教授

藤田紘一郎

共生の意味論−癌やアトピーは何故発生するのか

日本大学教授

小坂国継

日本のこころ−西田幾多郎の世界

2005

医学博士東京大学名誉教授

養老 孟司

新しい人間学

京都大学教授

中西 輝政

日本の再生に求められるもの

2004

ジャーナリスト

櫻井 よしこ

日本よ、のびやかなれ

理学博士琉球大学教授

木村 正昭

地震と地殻変動−海底遺跡の正体は?

2003

法学博士杏林大学教授

田久保忠衛

最近の国際情勢と日本

文学博士東京国際日本文化研究センター教授

笠谷 和比古

伝統文化とグローハリゼーション−武士道の見地から

2002

農学博士東京農業大学教授

小泉武夫

日本人の食文化−日本の食よ何処へ行く

医学博士東京医科歯科大教授

山本直樹

人間とウイルス−人類はウイルスに勝てるか

2001

民俗学者元琉球大学教授

小島瓔禮

稲と日本人の心−伊勢神宮の稲作儀礼から

理学博士お茶の水女子大学教授

藤原正彦

これからの日本の道を考える

地図

Google Map
▲このページのトップに戻る